鬱のようなものと共に生きる28歳会社員の記録

28歳、男。東京暮らし。会社員。忙しくも楽しく働いていたら、いつの間にかうつのようなものにかかってしまいました。会社には伝えずに薬とカウンセリングを3ヶ月ほど続けています。なにか書く気力もなかったのですが、なにか書かなければならない気がしたのではじめました。よろしくお願いします。

好きだった言葉を誤解していました

社会とは個人なのだ。

と、太宰治人間失格に書いてあった記憶があり、なかなか面白く忘れられないセリフになっていたのですが、実際には、

世間とは個人じゃないか。

の間違いでした。

特にこの日記に意味はありませんが、メモとして。